徳島ヴォルティスの苦悩は続く

サッカーJ1は第5節が行われ、昨年優勝したサンフレッチェ広島が徳島ヴォルティスを下した。広島はエースストライカーの佐藤以上に塩谷が活躍しており、非常に充実したプレーを見せている。今日も徳島相手に得点を稼ぎ、これで早くも3ゴール目を上げている

一方で徳島ヴォルティスが深刻的な状況に陥っている。開幕から5連敗で全くいい所が無い。唯一光が見えたとすれば、ようやく得点を決めたことだろうか。しかし勝つまでには至らず、このまま1年での降格が現実味を帯びているのである

徳島ヴォルティスが苦労しているのは、中盤でのボールが奪えないという所である。どうしても中盤の選手が弱く、ボールを運ぶことができない。ボランチを含めた守備陣も対応ができず、ドローに持ち込むことすらできない状況が続いている

従来であれば補強ということを考えるが、J1から選手をレンタルすることはリスクが高い。しかも控えの選手しかレンタルに回してもらえないので、これといった補強にならない。現状の戦力で何とかトンネルを抜けるのは苦しいが、頑張ってもらわなければファンに失礼である。少しでも早く勝ち星を挙げて、J1に来たことが間違いではないことを証明して欲しい