仮想通貨は信用できるのか?

ネット上でのみ使用できる仮想通貨「ビットコイン」。

ニュースによると、このビットコインを扱う業者へのハッカー攻撃が相次いでいるとのことです。

なんでも記事によると、カナダの業者のフレックスコインという会社がハッカー攻撃を受けて業務を停止してしまったそうで、さらにポロニエックスという別の業者でも、自社が保管していたビットコインの一部が盗まれてしまったそうです。

日本で大きな事件が起きてそうそう、世界的にビットコインに関する事件が起き出しています。

なぜこような事件が急に起きるようになったのかはわかりませんが、私が一つ疑問に思うのは「なぜこれほど仮想通貨が流行っているのか?」というところです。

なにせ仮想通貨ですから、どこの国も価値を保証していない「ただのデータ」ですから、何かトラブルが起きれば今回のような事態になることは、前もって予測できることです。

なのに世界中の多くの人たちが、わざわざ祖国に保証してもらっている通貨から仮想通貨へ換金していることに、私個人としては信じられません。

恐らく今回の事件により、これから仮想通貨の信用はなくなり、仮想通貨自体が衰退していくのだろうと思います。

少なくとも私は、仮想通貨を信用できないので、使用することはないでしょう。