未来の通貨、前途多難ですね

現在の世界においては、通貨の価値は国に依存しています。
その為、国の浮き沈みに伴い自らが持つ資産の価値が変動してしまうと言う欠点があります。

しかし、このニュースで話題のビットコインはいかなる国家、組織にも依存しない新世代の通貨である為、この様な不安定さからは無縁です。
この点を考えれば、歴史的な借金国家となった日本において、金融的な安定さを求める際、ビットコインの持つ上記利点はとても魅力的と言えます。
とは言え、この普及にはまだまだ時間がかかる様で、日本におけるビットコイン取引所なる所が運営を中断しているそうです。

これにより換金と送金が出来なくなっているとの事ですが、良く分からないのですが、ビットコインを従来通貨に換金せず、ビットコインのまま使用する分には問題が無いのでしょうか?
ビットコインで支払いが出来る所は徐々に増えて来ている様なので、上の私の推測が正しければ上の様な出来事はやがて問題視されなくなる事だとは思います。
しかし、それまでビットコインが生き残るのかという問題はありますね。