スノボ男子決勝進出、平野・平岡表彰台へ!

スノーボード男子ハーフパイプの平野・平岡選手が二人揃っての決勝進出を決めました。
平岡選手については、3連覇を狙う王者ショーン・ホワイト選手の95.75に続く、92.25の高得点での決勝進出です。

もしかしたら、二人揃って表彰台に立てる可能性も出てきましたね。
それにしても二人とも若いですね。平野選手が18歳で平岡選手が15歳ですから。
とはいえ、優勝する為にはショーン・ホワイトを超えないといけないのは正直、難しいかも知れませんね。

彼は前回、前々回のオリンピックでも異次元の滑りを披露していましたからね。
特に前回のバンクーバー五輪の時は、大技「ダブルマックツイスト1260」なる超絶技を披露しての優勝でしたからね。

この技はショーン・ホワイト以外は不可能な技であり、これ以上は回せないだろう、とまで言われているそうです。
と、もはや伝説の域に達しつつある選手を相手にする訳ですが、勝負事に絶対は有り得ません。
平野・平岡の両選手にはぜひ頑張って貰いたいですね。