反日をなぜ続ける

韓国は本当に近くて遠い国です。
北朝鮮の粛清が報じられて、有事に備えよ、などどいう報道もありますが、この大統領の
反日政策は全くもって日本人には理解できないのではないでしょうか。

今から約70年前、日本と韓国の間には戦争という暗い歴史があり、そのことについては
日本人は悪いことをしてきた、と反省してきたのは紛れもない事実だと思います。
右翼だ左翼だ、などど訳の分からないことをいう人もいるようですが、お互いの国にとって
この関係が続くことはよくないと誰もが感じているのではないでしょうか。

そして、私たちも本当の歴史の真実は知っておく必要があります。
偏向報道や、韓国を悪くいう報道に惑わされることなく両国の友好に務めるべきだと思います。

そのためには、大統領自らこれまでの反日政策にピリオドを打って、憎しみの教育を
やめるべきです。
憎しみからは何も生まれない、と私は親に教えられて育ってきました。
韓国の親御さんたちも、過去に縛られず未来の共生に向けた教育をしてほしいものです。