総量規制などに注意すればカードローンは利用しやすい

カードローンは、手持ちの現金がない場合に、間に合わせることができるので、非常に助かります。

あらかじめ決められた貸出枠の範囲でカードを使い、コンビニのATMなどで何度でも融資を受けられるのはとても心強いです。

急なトラブルが起きた場合、例えば車を他人の車にぶつけてしまった場合など、事故にせず示談で終わらす場合などは、ほとんどの相手は融通が効かず、その場で現金を必要とすることが多く、その場合の切り札としても活用できます。

しかも、カードローンは入会金や年会費がゼロで、ATMの利用も無料なところが多く、カードを作っておくということだけでもしておけば心強いので、いざというときに活用できるとかなりお得かもしれません。

ただ、誰でも借りられるわけではありません。

借金が既にある人は厳しいかもしれません。特に総量規制という規制がありますので、年収の三分の一以上の借り入れがある人は新たな借り入れをするのは厳しいかもしれません(総量規制対象外なら大丈夫なので気になる方はここを参考にしてみてください)。

銀行カードローンにしても、消費者金融にしても、上手に使えれば非常にメリットがあります。
自分の収入状況をよく勘案し、便利に使えたらいいですね。

お金を借りるなら・・・

okaお金をどうしても借りなければならない場合、あなたならどうしますか?

私は、まずはクレジットカードのショッピング枠で生活必需品や食料品を買うと思います。
それでも足りない場合や現金が使いたい場合はクレジットカードのキャッシングを利用します。
これならある程度他の人に知られずにお金を借りられると思います。

これでも足りない場合、親に相談します。
ただ、親も借金をしていると借りるのは難しいし、私の家族は裕福ではないので消費者金融に借りることになります。

金利面を考えると銀行のフリーローンやカードローンの方がお得なのですが、審査に時間がかかったり最近は審査が厳しく通らない場合もあるので消費者金融になると思います。

大手の消費者金融なら24時間受付していますし、審査も早く、問題がなければ即日借り入れも可能な場合が多いのである程度大丈夫だと思います。お金を無利息で借りることもできるみたいですし。

ただ、消費者金融で契約してしまうと今後銀行の住宅ローンや教育ローンなどで大きなお金を借りれなくなる場合もあるので、後々の将来を考えると銀行でお金を借りたほうがいいと考えています。